なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@腰痛により機能停止

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

前振りが長いので『⚫実食 』から読むと便利です。RDB 2017/2/16~

平均点 79.394点
最終レビュー日 2019年10月12日
868 575 5 6,507
レビュー 店舗 スキ いいね

「嵐げんこつらあめん」@らあめん花月嵐 東高円寺店の写真酒を飲んでもいないのに二日酔い?
いいえ、完全に風邪。
どうもさぴおです。

敗北の花月です。
なんだか無性にあのしょっぱいスープとツボニラが食いたくなり訪問。

蔦とのコラボラーメンをやってましたが無視。
デフォのこいつをいただきます。
95割はツボニラ目当てですからね。

醤油・塩・味噌と選択可能。
ラストにカラメダレをグルグルぶち込むことが分かっているので、醤油を選択。

お願いすればニンニクももらえますが、この日はやめておきました。

●実食
うん。よく見る花月のラーメンですね。

花月のホールディングスでは評価基準に提供速度とスープの温度があるようですが、
この日は申し分なかったかと。

【激辛注意報】とあるツボニラをパカっと開けて、ラーメンとライスに乗っけます。

うーん、醤油ダレ一辺倒の実にブレない花月のスープです。
塩気高いですが、学生時代に通っていたので全然嫌な気持ちになりません。

ツボニラは辛いなかにも独特のコクがあるようで、癖になってしまいます。

沢山使ってるところを見られると怒られそうなので、
店員の視線がそれた隙に都度追加。メタルギアソリッドのスネークの気分。

見つかったら出禁食らってもおかしくないよな…というくらいには使ってしまったかもしれません。すみません。

麺は「こんな麺だったな」とほんのりと弾力のある細麺ストレート。

わりとスープはしゃばいので結構合ってるんですよね。

ラストはご飯にスープをかけて完食まで。

ご飯をラーメン側にぶちこみ完飲してしまうというような罠にはもうかかりません!

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「すばるソバ」@すばるの写真有休と代休をフルに使うと今年、出社しなくていいことが判明しました。
どうも、さぴおです。

地獄の納品前のお話。
想像を絶するほどに極度に上がらない大物アニメーターから何とかラスト1カットをもぎ取り、近所のこちらへ。

アニメ会社データベース的なことをいえば、近所には覇権アニメをバンバン量産する「A1ピクチャーズ」超高クオリティ作画をバンバン量産する「マッパ」がありますね、

店内は沖縄を全面に押し出した居酒屋テイスト。
しかし食券機での購入です。ビールはもちろんオリオンビール。
卓上アイテムにコーレーグースがあるのが嬉しいね。

居酒屋っぽいですが、食券での注文。
「すばるソバ」なる特製トピで、
肉が沖縄そばの豚バラ三枚肉
ソーキそばの豚アバラが融合した豪華なものです。

⚫実食
ソーキに三枚肉が3つも載っていて豪華。
そしてカマボコ、紅しょうが等。
あまりラーメンでは見ないトッピングですね。

スープは鰹節主体の穏やかな味わい。
完全に穏やかです。のんびり沖縄タイムです。

タレは醤油ですが、かなり控えめで優しい。
なんだか塩気はこれくらいで最近は全然いいですね。

麺は本場沖縄と同じ麺をご使用とのこと。
おそらくかんすいは不使用の、なんとも小麦から作られたことがよく分かる麺。
麺の潰れ方などが、みちゃりと弾力なく潰れていきます。
平たく言えば、スーパーで買えるうどん麺のよう。
うーん、個人的には響かず。

トッピングのソーキは、アバラ付近の肉でとろっと柔らかく甘く煮付けてあって美味しい。

三枚肉は、しっとりとした歯ごたえで甘いタレがよく染みています。

後半はコーレーグースを投与。

発酵的な酒精を強く感じます。こんな味だっけ?食べ慣れてないからか戸惑ってしまいました。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「サンマーメン」@YOKOHAMA中華そば かみ山  の写真1年に1度くらいしか食べないカップ麺を今日だけで3回も食べました。
それほどには追い込まれています。
どうも、さぴおです。

アルティメット激務のその最中での訪問。
外回りでこの近くを通るので、不定休のこのお店が試しにやってないかとTwitterで営業情報を調べると、基本的に日曜日休みのこちらが臨時営業!

望外の極み!
圧倒的僥倖!
訪問を即決。

店内満席で外待ち待機。

「毎度!お待たせしました〜」「すぐにお作りしますね〜」と非常に愛想のいい挨拶。

近くの大学生が「文化祭ポスター貼っていいですか?」と来ても「いいよいいよ、何枚でもいいよ〜」と優しい。満員のお店を回しながら。なかなかできることではありません。
常連さんが殆どなようで、キッズ連れもいました。
厨房で密かに音楽を聴いていた店主夫婦の娘さんもこのキッズと同い年くらい。

「ほら、挨拶なさい」とキッズ同士で挨拶してる姿は微笑ましいですね。

こちらはタンメンのお店。
ですが、神奈川は湘南。
相模湾の風に吹かれて育った湘南ザウルスとしては、サンマーメンをいただきます。

このラーメンがご当地グルメだと知ったのは、高校生くらいです。

そんなことを考えていたら、スタミナご飯が配膳。
やがて御本尊も登場。カウンター越しではなく、しっかり後ろに回っての配膳スタイルです。

⚫実食
並々とスープと餡が張った一杯。
醤油が効いていそうなブラックな色合い。


モヤシ、ニンジン、ニラ、キャベツの定番な野菜炒め。

煮玉子、カマボコ、チャーシューと
一般的にはあまり見ないトッピング。
元々サンマーメンは賄い食ですから、
この何でも入ってる感はアリアリ。

出汁は丸鶏の豊かな味わい。
カエシと炒めた野菜によるアブラがコクを付与。
醤油のほんのりとした甘さがフックとなって、後を引きますね。

サンマーメンですから、炒めた野菜炒めは餡掛けを纏います。

餡のとろみは中庸。
この餡には、野菜炒めの少し焦げた所に
餡と醤油ダレとオイルがギュッと凝縮されて、
グッとパンチある濃い味わいが生まれています。
焦げが仄かに香ばしく、この部分がとにかく美味い!!

濃いために、一部にそういう部分がたまにあるという偶然の産物感があるのもいいね。

この部分に、サンマーメンの妙味があるのかもしれないと、何となく悟りましたね。

麺は浅草開花楼の中太麺。
小麦は日清製粉の『傾奇者』
この小麦を使う店は玄人なこだわり派なイメージがありますね。
かんすい控えめなクチクチとした食感。
きちんと小麦の風合いが出ているしっかりとした麺ですね。

後引く醤油の甘さについつい殆どのスープを飲んでしまいました。

「野菜多め」「野菜少なめ」「麺少なめ」
そして「タマゴトジ?」聞き間違えでなければ、そんなコールをしていた方もいましたね。

なかなか通い甲斐のあるお店ですね。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「山椒そば+海老ワンタン2つ」@中華蕎麦にし乃の写真仕事中、無駄にコーヒー飲んだりトイレ行ったりするんですが、喫煙者だったらそのタイミングでタバコ吸ってるんだなぁ、と気付きました。
どうも、さぴおです

この日は本郷三丁目周辺を攻略します。
ここは上北沢の小池の2号店ですね。
昼過ぎですが外待ち9人に接続。なかなか盛況ですね。

回転は早くそこそこの時間で店内へ。
時間は覚えておりません。
そろそろラーメン食べる時はメモを取ろうかな。

店内は若者もいますがお金を持ってそうな老夫婦。
あまりラーメンを食べるような客層って感じじゃないかな。

店内はカウンターのみ。厨房は手元までもが丸見え子ちゃん。
厨房のダクト部分に『ラーメン大好き小泉さん』の鳴見なる先生や乃木坂のサインが書かれていますね。

食券機には『中華そば』メニューに「初めての方はこちらを!」とありますが、それを無視して「山椒そば」。
人に指図されて、自分を曲げません。

ワンタンメニューも豚餡、海老餡、それぞれ個数も選べて充実してますね。
海老ちゃんの方をいっちゃいます。

カウンターに座ると、5分ほどで配膳。先客多いのにスピーディです。

⚫実食
スープは中華そばと同じ白醤油ダレに煮干、節、そして鳥豚のアニマルの味わいたっぷり。

山椒はかなり味わい強めに効いています。
舌が少し痺れるくらいにはまぶされていますね。

塩気もオイリーさもジャスト。
なんだか味わい的には八雲を節を抑えたようなチューニングの印象を受けました。
オイリーさが薄いのはきっと山椒パワーもあるのでしょう。

温度低下すると、魚介由来なのかな?
上品な甘さが醸されてきて、魅惑の味わいに。
白醤油の塩気も相まって、甘さと塩気のフィージョン感がたまりませんね。

麺は加水高めの細角ストレート。
麺皮が透けて、芯が見えておりますね。
スープを纏ってきらりと光っていて、見目麗しいですよ。

箸を持ち上げるとピッと整列。
この細さ故のスープの持ち上げを発揮しておりますね。

たおやかで柔らかい麺は、非常に流麗。
大人になった僕はこんなシルキーな麺もすっかり美味しく食べられます。

麺を啜れば山椒の香りがグイグイと。

トピにはラーメンの華、ナルトがちょこん。
そして青菜枠にはほうれん草。しっかりと歯ごたえがあっていいね。
チャーシュー枠は肩ロース。柔らかいです。
何気に下に3枚くらいありました。写真で見るより豪華です。

エビワンタンは細く刻まれたエビがムギュっと沢山詰まっています。プリプリと、とても美味しかった。

スープは残すつもりだったんですが、
温度低下すると甘さが引き立ってきて、美味しいからあと1口、あと1口とやり続けて完飲へ。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「地鶏わんたん麺」@寿製麺よしかわ 保谷店の写真「よしかわ吉川店」が出来たら面白いですね。
どうも、さぴおです。

いわしそばをいただいた後はこちらを

奥様から「ラーメンと一緒にお出しすると、麺が伸びてしまうので、よろしい時に言ってください」ときちんとアナウンスがありました。
お願いしてから2、3分で配膳。
なかなかの回転の良さですね。

⚫実食
スープは鶏油の芳しい香りたっぷり。
バターのような芳香で、これは絶対にいいものをお使いでしょう。

仕上げオイルは多い配合ですが、オイルにやられることはない絶妙な配合。

出汁にはバスさんの取材によると
名古屋コーチンと薩摩地鶏をお使い。
たっぷりの鶏旨味ですから、丸鶏とかを煮込んでるのかな?分かりません。

麺は平打ちっぽいストレート麺。
驚いたのはその柔らかさ。
なんとも流麗という言葉が似合いそうなチュルリンとした柔らかさ。
固めisジャスティスだった、愚かな2年前の僕だったらこの麺の良さを分からなかったことでしょう。
たおやかシルキーにスープを持ち上げて、喉ごし食感がチュルリと心地よいです。

ちなみに麺固めには対応しているようですよ。

トピは3種のチャーシュー

肩ロース、バラ、細切りの鶏。
いずれも煮豚タイプですが、
肩ロースが直系家系のようなスモーキーな干しチャーシュータイプ!
薫香の香り高くてとっても美味しいですね!

薬味の九条ネギはキリッと辛みあるタイプ。

鶏油、醤油ダレ、肩ロース。
香り高い素材が多いので、これくらい強い薬味が合うのでしょう。

スープは塩気が穏やかですから、グッビグビと完飲。

連食予定なのに、夜勤明けの完徹なのにやってしまいました。

早稲田街道沿いで、よしかわさんの店舗で最も行きやすいので限定メニューなど今から楽しみです。

ホームよしかわになりそうな予感!

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「ワンタン中華そば」@丸中華そばの写真キングオブコント2019決勝の『ゾフィー』を見て『ああ!それ俺がR-1で考えてたネタ〜』となってました。
どうも、さぴおです

鮫洲から大井町へと舞い戻り、せっかくならもう一杯と思いこちらへ。

新店だけれど、中華そば回帰の趣があるお店ですね。
手書き風の看板が素朴でいい味を出してますよ。

ご夫婦?で切り盛りされていて、丁寧な接客です好感が持てますよ。

塩目当てにやってきましたが、塩は曜日限定なんだね。

外待ち2番手に接続したら、あらら、1番客の奥さんが出現しましたよ。代表待ちですね。
「まぁ、いいか…」と思っていたら、まさかの後客2人を合わせた4人客。
お店には同時に通されましたが、4人のラーメンを作り終えた後に僕のラーメンが提供されました。完全にブチギレ案件。


並びのシステムは「△中華そば」ですね。

店内奥のカウンターに通されます。
なんだか背中側がかなり狭いですよ。僕はスリムなので問題ありませんが、後ろを通る他のお客さんは「すみません、もう少し開けてくれませんか」と苦労してました。

オペを見てると、チャキチャキ動いて頼もしい。テボにて正確に茹で時間を計算し、カレーや味噌などの他のメニューのオペをこなしていますよ。

⚫実食
なかなかにスープの色がブラッキー。

醤油はたまりなどを使った甘い醤油なのかと警戒しながらレンゲを差し込みます。

一瞬、拍子抜けするほどにライトな口当たり。
塩気はやや低めで、醤油はいやらしくなくほんのりと甘さを感じるチューニング。

鶏ガラの出汁に仕上げオイルにラードを施しているんですね。
味わい自体は見た目に反して穏やかであるのに、ラードのオイルがスープの保温性を施しているのでアッツアツ!

catベロなお方は要注意です。

食べ進めるとジンワリと味の蓄積がされていくこの感じ、アニマル以外は椎茸とかの乾物かな。節や煮干などのように主張が強くないのが嬉しい。

麺は中太の加水を感じるやや平打ち気味の麺。

中太の存在感がある麺ですね。
むちりむちりと弾力があり、麺の食感を楽しめる仕様。
麺との絡みはあまり良くないものの、
むしろワザとやってるのか?と思うほどの魅惑の麺食感。

チャーシューは肉厚でアブラも蓄えたバラロール。
箸で持てば崩れてしまうほどの柔らかさでうまいザウルス。

チャーシュー麺ポジの肉中華そばにすると、
肉の花が咲いてました。

ワンタンは豚餡で、少し塩気のある仕様。
個人的には生姜などの薬味の味がしてくれたら嬉しかったな。

ラード多めのスープなので、
少し厚めに切られたネギはナイス薬味感。
問答無用の、相性の良さを発揮します。

メンマは何だかいっぱい入ってます。

暑くて汗ダラダラになりながら完食。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「いわしそば」@寿製麺よしかわ 保谷店の写真眠過ぎて欠伸すると、顔の半分くらいクチになる。
どうも、さぴおです

10時。
徹夜で仕事を終えて、そろそろ寝ようかな〜と思っていると
急遽、よしかわの新店情報を入手。
完全に出遅れた感が否めませんが、急いで保谷に向かいます。
保谷店といっても早稲田街道沿いにありますし、どちらかといえば田無店なのではないでしょうか。

お外には「麺屋 扇SEN」「狼煙」「中華そば輝羅」「中華蕎麦 瑞山」のお花。
わりとこじんまりの店内。
入店時はウナギの寝床的な店内をスリムボディで、通ります。
帰りは後ろの戸を開けて帰っていいようですね。

急遽のオープン報告だったからか並びは予想より少なめ。

列に並んでると、いっちゃんパパさんのお姿が!
遠くからでも分かるオーラは流石です。
挨拶をすると先程までバスさんもいたんですね。

店内はよしかわの常連さんがいっぱい。
ご店主さんとお話されてる方が多いです。

店内左手にある食券にてまずは「いわしそば」を。

香味油の香ばしい香りとイワシの刺身が絶妙マッチ。この香ばしさたまらないね。
麺は細めのいつもの他の店舗同様の低加水麺。
ただ、いつものザクパツさはなく、わりとしっかりめに茹でられているんですね。

西台ではわりとしょっぱい印象でしたが、こちらはジャスト。

そのため、いわしそばにありがちな後半の飽きが来ませんよ!
レモン酢を入れるのを忘れそうになり、慌ててオスプレイ🚁💫
脂の乗ったいわしに香味油とレモン酢。美味さの方程式が完成です。

このイワシ同様によしかわさん、ノリにノッてますね。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「【Aセット】ラーメン+半チャーハン」@食神餃子王の写真コンビが組めないからR-1出るって、そんなどこにも入社できないから社長になったのび太みたいな感じでいいのかしら。
どうも、さぴおです。

この日は立川方面へと外回り。
道すがらに行きたい店は多々あれど、22時半では選択肢は少ないです。

いっつも思うんですが、RDBのマップ機能に「営業中の店だけ表示」を付け加えてくれないかしら?

電気通信大学の前を通ると、こちらがやっているではありませんか。電通大生のソウルフード的なお店らしいですね。
電通大の友人が多いので、そんな話を思い出して入店。
電通大や東京工業大学は日本で十指には入る名門大学ですが、何故か世間からの目は冷ややか。

店内は電通大生と思しき学生が沢山。
ウェイウェイとしてないのが電通大生らしい。
カウンターのようなお一人様用の席はなく、テーブルのみ。
どこに座ろうか悩んでると、中国人の店員さんに「ソッチ!ソッチスワッテ!」と案内されます。

この手のお店は炒め物系の定食メニューがあたり。
それを充分分かった上で、レビュー数を増やすためにラーメンがあるAセットを口頭注文。

結構素早く5分ほどで配膳です。

⚫実食
黒い丼にワカメのトッピング。
ノリとメンマとネギとチャーシューが雑然と配置。
これだけで何となく味が想像できちゃうなぁ。

スープからいただくと、まったりした醤油ダレを感じる味わい。
平たく言えば、学食のラーメンですね。

なんともコショウとの相性が良さそうなスープの風味です。

出汁感はほぼ皆無。

となれば、魔改造を施します。

コショウをバサバサ!
お酢をタラっとオスプレイ💫🚁

たまにはこういう調味料ラーメンもいい!
そんなことばっかやってた学生時代を思い出します。

麺は中細のウェーブがかった麺。
なんだかハリのないくたっとしたような麺。
麺も少しなんだか独特の風味。
正直「かんすい」の味ってよく知らないのですが、多分それですね。

チャーシューは中華料理店らしい干しチャーのような独特の中華的風味がありますね。
出汁形成に使ってるのか旨味が抜けてて、塩気高いですが、ありっちゃありですよ。

他のトピは既製品かな。

愛すべき雑ラーメン でした。

閉店10分前ですが、お店は閉まり、
店員さんたちが賄いを食べ始めました。
なかなかの緩さですね。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「メロウ 醤油拉麺」@拉麺 成の写真「いつかと金で大暴れ」そう思ってたらもうアラサー。
どうも、さぴおです。

この日三軒目はこちらです。
高田駅…横浜グリーンラインは存在こそ知ってますが乗ったことは数回。
そんな横浜空白スポットにこのお店はあります。

昼過ぎなのに先客6人。
決して立地は良いとは言えないのに、すごい。
ちなみにお店を出る頃には15人まで伸びていました。
学生グループが多かったので、恐らくですが近所の慶応大学から流れて来ているのでしょう。

店内はオサレなバーのよう。
ロックグラスを半分にカットしたかのような特徴的なコップにお冷を。
ラーメンの丼が変わっているのは知ってましたが、コップまでとは。

厨房に立っている方は男性3人。
そのうち御二方はかなり厳つい見た目で
家系の店主さん格の雰囲気。
吉村店主と変わらぬ厳つさを放ってます。

口頭注文後会計。
接客は穏やかで安心しました。
悩みましたが、ハツホーですし、デフォっぽいこちらを。

しかし、これが結果的に失敗!
隣のつけ麺が無駄に美味しそうに見えたし
「ブラホル」なるブラックホルモンラーメンも気になります。

注文した後に各御仁のレビューを拝見すると「甘い」とあるではありませんか。
最近、清湯醤油で甘いってのがどうにもダメなんです。
中性的な顔立ちでかつガリヒョロで女に興味無いアピールしておいて、実はガッツリ性欲があってガンガン女とよろしくやってる大学生を彷彿します。

それは置いといて、配膳です。

⚫実食
器。すごいなぁ。
なかなかのビッゲストサイズで縁にトピ。
汁を絶対に温くさせないという強い意志を感じます。

お隣が頼んでいたつけ麺を乗せてる麺丼も良かったです。
丸を半分にカットした半円状態で載せてました。伝わるでしょうか。

さて、麺を引き上げます。
麺はかなりのハリある蕎麦ライクな麺。
全粒粉なんでしょうかね?
しなやかであり、小麦の風合いを感じられる中細ストレートですよ。

スープは予想の通りに激アツストリーム。

アッツアツですね。

個人的にはかなり甘く、かつオイリーに感じてしまいました。
こういうの体調悪くなってから途端に無理になっちゃった。

たまらずメンマに逃げると、こいつは激ショッパ!なんだこりゃ?!調理ミスか?


丼淵にいるスプライトだけが僕のオアシス

あ、豚もオアシスでした。
しっとりと美味し。


結局、最後まで「隣のつけ麺、うまそうだなぁ」と隣の芝が青い状態で完食。

点数は大台届かずですが、今回はあくまで僕の趣味嗜好がデカいかな。レベルは高いですよ。

ちなみに出ると外待ち20人ほどだったのが、それを証明してるかと。
こんな辺鄙な土地で…なかなかやります。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺大盛り」@中華そば ます田の写真松屋のセルフサービス店、フードコート式になって配膳と返却が客自身が行うのに、値段が変わらないのが納得いかない。
どうも、さぴおです

深夜に外回り。
このお店は1時までやっているので、深夜族としては嬉しい。
オープン当初から目を付けていたのですが、いつでも行けるや…と、この日まで放置してました。

深夜のテッペン頃、先客2人。
オペは女性店員2人によるものでした。

暑いし、先日は醤油の汁そばにして、
隣のつけそばが羨ましくて仕方なかった記憶が蘇り、つけ麺を。

内装の雰囲気や蘊蓄の書き方、完全にはやし田系列ですね。
調べると、はやし田店主の十数年来の後輩だとか。
後輩…弟子という訳では無いんですね。
女子から「先輩!」と慕われてぇな等と
良からぬことを考えていたら配膳です。

⚫実食
麺は国産小麦と外国小麦のハイブリッドなんですね。
1日寝かしたような、グニッとコシのある感じでなかなか美味しい。
つけ麺ですから、食感は大事です。
ただ、小麦の風味はいま一つだったかな。

つけダレはかーなりのオイリオさ。
麺を啜ると、バターのようなコク深い香りがやってくるのはいいのだけど、オイリオだなぁ。

唇がやられてしまいました。

カエシも強めで、醤油つけ麺なら仕方ないのかもしれませんがカエシとアブラで食わせるタイプで好みから外れてしまいましたね。
これに下品な甘さを安易にいれてきてたら、もっと点数が下がったでしょう。

チャーシューは臭みが残っててうーん。

唯一良かったのはメンマかな?
この系列のメンマは美味しいよね。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件