なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味噌ラーメン +たまねぎ +生たまご」@ジラフの写真家族からジラフのまぜそば食べたいって思いつきで予定外の訪麺(爆)(*^^*)
夜営業はかなり久々ながら、夜の外待ちはお初。

表題のプラ券買って中待ちになっても外待ち続いてるってんだからスゴいね。
並び開始から着丼までほぼ50分強で待望の一杯を手にしました。

カウンターでのコールはラー油増し全部。

麺の香りと味噌の香りのマリアージュ(≧∇≦)たまりません!

まず野菜をパクリっ、アブラを纏った温野菜が美味いなぁ~
野菜の茹で加減を少しクタ感あるタイプに変えたんだ。
それにキャベツの割合が多くなってるのはスゴい企業努力だな。

前は野菜の下に隠してたチャーシューを表に出したのが一番の見た目の違いですね。
さて、天地返ししてご対麺~

麺の表面がかなり滑らかになって喉越しよくなっている
前のゴワゴワ感がジラフって感じで蓮爾さんや學さんの極太麺を感じる漢気らしさを感じて好きだったから少し寂しいな…
喉越し良くなった分啜りやすくてなんか苦しさ感じる前に食べきっちゃった感じ(*´艸`)

味噌の中のナッツ類がいい食感でたまらなく美味い!
今日はラー油があまり感じられなかったけどいいまとまりで美味かったです。

チャーシューはいつもの肉質感あるタイプでも少しヤワでもいいんじゃないかと思うな。

やっぱニンニク入れるとうんマイ!

ごちそうさまでした。

(^人^)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 32件

「辛ネギ北海道味噌ラーメン、ネギチャー丼」@北海道味噌ラーメン 味噌のかんべの写真294号線を走っていると、見たことのない味噌ラーメン屋に遭遇したので思わず入店。
確かここは以前、佐野ラーメンのお店だったはずなので、リニューアルかと思って店員さんに話しかけると、オーナーさんが変わったようで、新規オープンしたようでした。

以前いた会社でラーメンの修行をし、独立を果たしたようです。

おめでとうございます。


さて、肝心のラーメンは。

厨房で中華料理屋のような火柱が上がっているのが見えたので、
しっかりと具材を中華鍋で煽ってから盛り付けているよう。

こういう演出が見えているだけで、期待感がグッと上がりますね。

今回注文したのは辛ネギ北海道味噌ラーメン+チャーシュートッピング+ネギチャー丼

スープは熱々で、香ばしさとともに味の深みとコクを感じられる味噌ラーメンで、
真岡、筑西、結城あたりのエリアでは一番私の好みに合う味。
最後まで冷めることなく美味しくいただけました。

チャーシューは予想通り、トロトロでお箸で簡単に切れるほどの柔らかさ。
これはネギチャー丼も期待が高まる。。。

食べてみると、期待通りのうまさ!!
しかも、タレがうまくて、もしかしてラーメンのスープにつけて食べたらうまいんじゃないかと思って、
試して見たら、見事に大当たり。

これはハマる。

近々再訪決定。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン +煮玉子」@青竹手打ちラーメン 日向屋の写真スープは動物系の旨味が感じられる優しい懐かしい味のするスープ。
麺は佐野ラーメン特有の青竹平打縮れ麺。
麺の茹で加減は柔らかめでスープを程よく絡めてツルツルの食感。
チャーシューは柔らかくて好きな感じ。
久しぶりの佐野ラーメンを堪能できました。

ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「旨塩らぁめん」@らぁめん 太陽軒の写真旨塩ラーメン700円(込)注文。前日の夕食、朝食を抜いていたが1杯で満足の味。なかなか出会えない濃さで太麺との相性も◎
店内も清潔でこの時期蒸し暑いがエアコンガンガンで有難かった。スタッフの挨拶も気持ち良かった。
濃厚黒ラーメンというメニューもあったが旨塩であの濃さであれば濃厚はどれだけ濃いのか想像も付かず次回注文のメニューはこれにしようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「佐野チャーシューメン」@東北自動車道 佐野SA 上りスナックコーナーの写真佐野と言えばやっぱりラーメンをイメージするので食べてみた。
正直、佐野ラーメンを食べた事が無いが悪くない。

あっさりの醤油スープは万人受けしそうな落ち着く味。
旅行帰りのこってり疲れのお腹にはちょうど良い。
かといってありがちなパーキングの豚骨醤油ラーメンよりはいい。

麺は縮れたモチモチの麺。
これが特徴なのかな?
これもあっさりスープと相性が良くいい感じ。

チャーシューは柔らかく薄めの味付けがスープの邪魔をせずこれは旨い。

本格的とは言い難いがなんとなく丁度いい感じのラーメン。
中途半端にそれっぽくしてこけるよりは全然いい。
パーキングで食べるラーメンとしては及第点だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「旨塩らぁめん (大盛り)  ¥800」@らぁめん 太陽軒の写真超久々の訪問。
日曜正午半過ぎ、続々と来客があり安定した人気の程が窺えます。
ですが待たされることなくササッとサーブされます。

当然ながら大盛はドンブリが一回り大きく、たっぷりと具材が詰まったビジュアル。

トロンとした白湯スープはたっぷりと鶏の旨味が抽出されてますね~。豚ガラも使ってるようですが鶏が強い。
粘性を伴ってますが舌触りはきめが細かく、滑らかに喉元をくぐります。
若干鶏のクセがありますがこれが太陽軒さんの味作りで好感触。
さらに魚介成分がシャープに決まってますね。鰹っぽく感じますがなんでしょう?
白湯スープにバランスよく馴染んでウマー!!

加水率低めなストレートかつ、わずかに縒れた中麺はしっかり硬めな茹で上げでザックリな噛み応え。ブワッと小麦粉の風味が満載でスープの絡みも抜群!
これ以上ない相性を魅せます。

適度な厚みと肉感のある煮バラは一枚でも充足感あるものでウマイ。

材木状メンマは甘めな味付け。シャクシャクな歯ごたえで口直し的にも好感触。
海な風味の強い海苔も良い品質のものを使ってますよ。
さらに半煮玉もついてコスパが良い印象ですね~。

半チャーも食ってたこともあり、さすがにボリューム感満載な麺をすすってると途中で急速に満腹感というか飽きというか…
鶏白湯でよくあることですが、それでもうまさが持続するところがこの一杯の凄いところ。無事完食。

好みド真ん中な鶏白湯で完成度が高い。
長年弛まぬ努力と、真摯に向き合ってきた店主さんの意気込みが感じられた一杯でした。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 600円」@よしだやの写真2018 6月土曜 12時45分

【ラーメン・餃子専門店】

佐野の未訪問店巡り。
先週伺うと待ちが2名で、後回しにして諦めた「よしだや」さん。
今日は待ちが無いのでお邪魔してみました。
RDBでは2011年開店以降レビューが無く0ポイント。
同じ佐野市に「食堂よしだや」さんがありますが、
紛らわしいですが、全く別店舗。
こちらはラーメン・餃子専門店と看板には表示されています。

入店しますと今日は7、8割位の客入り。
入口右手に製麺室、カウンター席5卓、小上がり4卓の清潔な店内。
ご夫婦2人での切り盛りのようです。

メニューは、定番のラーメンの醤油味のみ?
と思いきや?メニュー表の裏面には味噌ラーメンやつけ麺があるよ。(メニュー参照)
チャーシューメンが人気のようで、餃子とラーメンセット(餃子・ライス・お新香)があるシンプルな構成。

定番のラーメンをオーダー。

程なく大振りのチャーシューの覆ったラーメンの到着。
少しチャーシューをずらして写真撮影。
ナルト、メンマが彩り良く見える。

スープは、穏やかな鶏豚ガラ、香味野菜、調味料。
出汁感は弱めですが、バランスは良く物足りなさはなく紙一重。
薄口の醤油ダレはやや薄味。もう少し醤油風味が欲しい印象だが、これでいいのだと思ったりするジンワリした味わいだ。

自家製手打ちの麺は、中のストレートの平打ち。
若干細めで柔らか目に感じる麺は、しなかや、滑らかな舌触り。適度のコシがあり喉越しは良好。

チャーシューは、肩ロースが2枚。
大振りだが薄いスライス状。
肉質は良く感じ、生姜焼風の?確りした食べ応え。
中々お目にかかれない美味しいチャーシューだ。
チャーシューも人気の所以だろう?
中華風味付けのシャキシャクのメンマ?ナルト。
薬味は風味の良い添えらた長ネギです。


総じて、アッサリした優しい味わいのスープ。
しなやかで滑らかな舌触りの手打ち麺。
特別変わらぬジンワリ旨い佐野伝統?の味わいだ。
隣の方が迷わず選んだチャーシューメンは、チャーシューがスゴかった?
常に満席の地元の人気店だったのである。

◆ハッスルの佐野らーめん図鑑
http://www.hashurukage.pw/

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
82

「特製塩豚骨」@葵一家の写真真岡の家系ラーメン葵一家に行きました。
お昼を過ぎても開いているので便利ですね。
券売機には沢山のメニューがあり、目移りしましたが塩豚骨にしました。
スープは若干とんこつの癖があるけど、さっぱりめです。
トッピングには家系定番のほうれん草、うずら、のりの他にメンマとネギもあります。
特製ではチャーシュー3枚、味たま、のり5枚となります。
まずまずのラーメンでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「磯とんこつラーメン」@地鶏ラーメン 赤大屋の写真久しぶりのお昼に訪問。
13時頃伺いましたが満席!素晴らしい!

今日は当初から気になっていましたが、塩やSSの魔力に負けて食べれてなかった豚骨をオーダー。
塩ラーメンの時に美味しかった海苔がたくさん乗っている磯で。昼限定です。
ついでに玉ねぎと味玉もお願いして贅沢ラーメンに。

程なくしてご対麺!
スープはしっかり豚骨の味がするのに臭みは一切なく素晴らしい旨味。玉ねぎとの相性もバツグン。
細麺もスープにしっかり絡んで美味しい。
海苔はスープを吸ってくると磯の香りがまた別次元の豚骨に。麺と絡めて頂きます。
途中でゆずも投入すると、とんこつラーメンとは思えない爽やかさでフィニッシュ出来ます。

磯の海苔との相性は塩にかなわないけど、新しいとんこつラーメンの形を教えて頂きました。
美味しかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「らーめん ¥550」@れすとらん池の写真2018.02.18

☆RESTAURANT RAMEN☆

続きまして佐野市の未訪店へ。
13:56入店、意外にこじんまりとした店内に、先客は無し。店内は池と言うよりジャングル。
In the jungle
Welcome to the jungle
お久しぶりです、ギルビー・クラークです。

「いらっしゃいませ~。」女性店員さんがお出迎え。入口横のテーブル席に陣取ります。
早速、メニューをチェック。洋食屋さんだけあって、ナポリタンやオムライスがラインナップ。そんな中、“らーめん”がちょこんと存在。“らーめんセット”はなんとビール大瓶付き!? お冷、オシボリを運んで下さった店員さんに、“らーめん”を当然ながら単品でオーダー。

テレビを観ながら待つこと12分でラーメン登場。

先ずは、僅かに背脂を浮かべた、薄っすら琥珀色のスープから。
ジュルルルルル~。お、非常にアッサリ。
コクはやや深めですが、旨味は薄目。その分アッサリと頂けるスープ。ベースは豚や鶏ガラの様ですが、どことなくポークエキスのような風味も…?塩分程よく中々なお味なのですが、なんでしょう全てがマスクされている様な味わい。

お次は、平打ち細麺を。
ゾゾゾゾゾゾ~~。え!? 手打ち!?
かなりフワフワでソフトな食感。まるで森田屋足利店様な、歯のいらない程の柔らかさ。レストランなので、自家製手打ちとは考えにくく。製麺所が、このようなタイプの麺を提供しているのでしょうか。
一昔前の佐野ラーメンを思い起こさせる食感。美味しさを超えた懐かしさを覚えるもの。
昔はどこもピロピロだった…。

具には、メンマ、チャーシュー、海苔。薬味のネギ。
かなりの柔らかさのメンマ。味付けは控えめですが、ピリピリした辛さのあるもの。
モチモチの心地よい食感のチャーシュー。程良い味付けで、脂濃さや臭いのない仕上がり。もしかして自家製?
柔らかめですが、溶け出さない海苔。味わいは弱めで、風味の映えるもの。
風味・味わいの弱いネギ。シャリシャリの歯触りが印象的。


レストランで提供されるラーメンにしては、非常に手作り感のある一杯。昔懐かしい『佐野ラーメン』の面持ちも。

軽い興奮と共に頂いていると、ふと脳裏をよぎる疑念。
アレ? これって某おみやげラーメン似ている様な…。

きっと、気のせいです!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件