なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「自家製手打ち佐野ラーメン 580円」@角半の写真2017 8月中旬 12時15分

「叶屋」さんから帰るつもりの道すがら、
街中を散策しながら「角半」さん前を通ってみたら、急に?寄ってみたくなりしました(^^;
前回頂いた佐野ラーメンが美味しかった事もあり、
約2年振りの訪問です。

此方は佐野では有名な老舗中国料理店ですが、
自家製手打ちの本格的な佐野ラーメンも頂けます。

敷居が高く一人では入りにくいのですが、
「佐野ラーメンだけでも大丈夫ですか?」
と入店しますと、先客は2名でした。

一階はマル卓が2卓、テーブル席3卓ですが、
2階もあるようです?
スーツ姿の女性スタッフに、佐野ラーメンをお願いします。(メニュー参照)
「紫蘇ジュースをどうぞ」とサービスです。
心遣いが嬉しいですね。

程なく大きな丼に並々と入った飴色が映えるスープ。
580円の価格とは到底思えない旨そうな佐野ラーメンの到着です。

スープは、節系の円やかな風味が広がります。
確りと取られた鶏豚の動物系が下支え。
旨味油の芳ばしさを加えたマッタリとした中華風のコクのある味わいに、鯖、鰹等の和風の旨味が絶妙にマッチします。
醤油ダレは円やかで、出汁の風味を活かした仕上がりです。

自家製の青竹手打ち麺は、太めの縮れが強い平打ち。
若干の幅広の麺は、ツルモチとした熟成麺の味わい。
滑らかな舌触りとモチシコの弾力。
コムギの風味を伴う美味しい手打ち麺です。

チャーシューは、肩ロース?が2枚。
ホロっと崩れる柔らかな食感。
手抜きは一切しない丁寧な仕事が窺われます。
胡麻油が効いた中華風のシャキシャキのメンマ、小松菜。
薬味は小口切りの長ネギです。


総じて、動物系と節系のミックススープに、
若干幅広のツルモチの自家製青竹手打ち麺。
中国料理店とは思えない和風の味わいが絶妙で、
かなり完成度が高い佐野ラーメンでした。

8年前のレビを拝見すると値段が変わってないのも頭が下がる思いです。
老舗で頂ける妥協を許さない丁寧な仕事の一杯は、ヤッパリ旨かった〜。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「手打ちラーメン」@万里の写真13時過ぎ 待ち3、40


手打ちラーメン


ということで今日はこちらへ
スープは、シャバ系の澄んだ醤油味。鶏、魚介と少なからず基にはなっているはずだが、何より純粋な優しい醤油味

麺は青竹うちのもので形は不揃いだが、それなりにもち感がある

具は、脂身あるホロチャーシュー、メンマ、ねぎ

トータル的に、佐野を代表する店であることをわからせてくれる一杯
ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「大盛チャーシューメン(1,000円)」@森田屋総本店の写真週末夕方の訪店。
通し営業だと思い4時40分頃着も「5時まで休ませて戴きます」との事で
開店待ち10名程の列の後続に付きます。
店内からは麺を打つリズミカルな音が聞こえて心地良いですね。
5時丁度に暖簾が掛けられたので入店。
先払いで大盛チャーシューメンをお願いしてセルフの水を持ち
空いているテーブル席に座ります。
何を注文した客がどこに座ったかを把握しているのは結構スゴイです。
店内は年期が入った広い座敷とパイプ椅子のテーブル席3卓。
老舗って感じです。暫し待ちます。

10分少々で登場。
行き過ぎない程度にクッキリした味わいの醤油スープ。
ほんのり甘味があり店の雰囲気通りにクラシカル。
正直チープな感じもあるけどそれが逆に良いです。
麺は長さ疎らで短めの平打ち。
固めの食感も次第にスープに馴染んできて後半の方が圧倒的に美味しい。
具は叉焼7枚、メンマ、刻み葱とシンプル。
叉焼は柔らかく味付けの丁度良く美味しいですね。
チャーシューメンにして良かった。

店内は女子高生っぽいアルバイト?がいたり意外とふんわりアットホーム。
御馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごちそう喜連川ラーメン900円」@竹末 道の駅本陣の写真2017年8月20日(日)18:30
日曜日の昼間は権雑していて駐車場を探すのが大変な喜連川道の駅ですが、18時を過ぎるとガラガラに空いているので狙い目です。
権雑を避けて18:30に訪問すると、待ち無しで注文出来ました。
待ちの番号札は13番で「ゴールドラッシュ」でした。
水はセルフなので、自分で汲んで来ます。
注文から7分で番号を呼ばれたので、受け取りに行きます。
受け取る時に、ペーストを混ぜて味の変化を楽しんで下さいと説明を受けました。
綺麗な見た目にフレンチと言っても通じそうです。
まずはスープを一口すすると、いつも味わっている竹末の鶏白湯で塩です。
ヤシオマスのペーストを溶かすと濃厚さが増します。
麺は、丸い中太麺でスープに良く合います。
具材は、牛肉チャーシューとネギとメンマとホウレン草とヤシオマスの卵です。
お盆休みを締めくくる美味しい一杯でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば(肉増し)」@二代目 村岡屋の写真清原方面に来ると必ず寄ってしまう2代目さん。

久々の訪問です。

いつもながらの濃いスープ、そしていつもの太麺を・・・

ん?気のせいか麺が平たくなっている?

同じメニューでも改善を重ね進化する2代目村岡屋さん。とてもステキです。

ただ、一つ後悔!

何となく「豚増し」で頼みましたが、

濃厚中華そば750円+豚増し200円=950円

特製濃厚中華そば950円


・・・。


同料金ならば豚も増える「特製濃厚中華そば」で良かったのでは?と感じました( ̄^ ̄)ゞ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
90

「特製つけそば」@中華蕎麦 サンジの写真前回は特製中華そばを食べたので、今回はつけ麺。

麺の太さ◎

茹で加減◎

全粒粉の麺の食感◎

スープの濃さも、濃すぎずしっかり濃い感じ。

同系統のラーメン屋さんだと、宇都宮の村岡家さんが浮かびますが、つけ麺はサンジさんの方がかなり好きです。

スープ割りも、手間かけてスタッフさんが入れてくれます。混んでない時間帯を狙ってまた来たいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏だし塩ラーメン」@らーめんつけ麺 吉田商店 本店の写真小山に転勤になってから半年。
そういえば未訪問だったなー、とふらりと訪問。
最近ハマっているジャンルの鶏塩を注文。

スープ。鶏の味わいが弱い?感覚的に「鶏2魚介1塩7」くらいの印象。もっと「鶏鶏」して欲しい感じ。

麺。固めオーダーできたのかな?自分的にはかなり柔らかめに感じる。

ネットの口コミに期待しすぎたせいなのか、正直想像を悪く裏切られてしまった印象。

薄味の柔らかラーメン。私は苦手かも。。。

接客は好感もてました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「手打ちラーメン 600円」@叶屋の写真2017 8月中旬 11時40分

今日は美味しい佐野ラーメンが食べたくて、
久しぶりに「叶屋」さんに来てみました。
1年ぶりの定期訪問?です。

オレンジ色のビルディングの店舗に到着。
店先の駐車スペースは埋り、店舗隣の駐車場に車を止め入店。
先客は10名、後客多数?
玄関右手は製麺室。営業が終わると店主自ら毎日青竹で打たれているようです。
カウンター5席、テーブル席3卓、座席4卓の揺ったりとした店内は7、8割位の客入りです。

女将さんはいないようですが、店主、お弟子さん、若い女性3人での営業です。

定番の手打ちラーメンをお願いして、
程なく到着となります。
いつも通りの透き通った黄金色のスープ。
チャーシュー2枚も嬉しいですね。

スープは、鶏、豚ガラ、香味野菜に調味料?の優しい旨味。
今日は若干淡い味わいに感じましたが、
上品な優しい旨味がコクを感じさせます。
日本酒の微かな風味が特長の?薄口の醤油ダレは、
嬉しい薄味。優しく旨味を包み込みます。

青竹手打ちの麺は、中の縮れがある平打ち。
いつもより?若干細目に感じたのは記憶違いか?
モチモチ、シコシコの食感の流れるような美くしいフォルムの麺は、青竹手打ちの手本のような味わいです。

チャーシューは、豚バラロールが2枚。
肉質は確りとしながら適度な柔らかさが良いですね。
味付けも以前より薄味に仕上げられた美味しい一品。
シャクシャクの薄味のメンマ、ナルト。
薬味は長ネギです。


総じて、人気出身店を数多く輩出する佐野を代表する老舗店のこちら。
スープ、麺、具材すべて佐野でもトップレベルの味わいです。
佐野に来て此方で食べないのは、勿体無いといつも感じてしまう非常に美味しい手打ちラーメンです。
薄味の佐野ラーメン好きには強くオススメです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「元祖旨辛ラーメン780円(税別)」@中国料理 華の写真2017年8月19日(土)20:00
お盆休み中に辛いラーメンが食べたくなって、RDBで気になった店を発見。
昼の部は時間的に間に合わなかったので、夜の部を狙って17時に訪問しました。
17時になっても準備中の看板が出たままなので、お盆休みかなと思い用事を済ませてから出直す事にしました。
20時に再び訪問すると開店していたので入店して、店員さんに注文を伝えて待ちます。
注文から10分で着丼です。
良かったら使って下さいと紙エプロンを渡されたので着けてみました。
スープが真っ赤で辛そうに見えますが、頑張ら無いで食べられる辛さです。
野菜の旨味と魚介(エビ)を感じられるスープです。
麺は、縮れ細麺ですがスープと絡まない麺でした。
具材は、タケノコとキャベツとニンジンとシメジとキクラゲとニラの卵とじです。

ハート型の器と思っていたら、ステンレス器に変わってました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 胡麻 大」@まる玉大勝軒 那須高原店の写真大勝軒の王道もりそばを、セラミックの保温食器でつけ汁が冷めない工夫で熱盛りとも違う食感が味わえる。遠征してこの様な麺が食べられるのは嬉しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件