なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油らーめん650円」@手打らーめん まるちの写真普段はあまりしないのですが、出身店(太田市の恒さん)との比較も織り交ぜます、悪しからず。

スープ:動物系をベースにしているものの、魚節の香りを強調したスープで、恒さんとの違いを感じます。動物系と魚介系半々といったところ?後味もスッキリ。また、表面に鶏油らしき油層が多めです。旨味は全開です。清白鶏なのか、食べ応えを残す感じなのか、迷い経てのコレ、といった感じでわかるなぁ…って感じの共感を禁じ得ません。塩味も中庸で万民ウケするでしょう。

麺:これぞ手打ち麺という感じの中太麺不揃い低加水麺。モチモチの歯応えで終始飽きの来ない丁寧な仕上がり。ただ、本来の威力を増せば、低加水細麺で純粋にスープの旨味を味わいたいなとすらと感じる将来性を期待しちゃいます。

トッピング:枕木メンマが3本、歯応え良好ながら味付けが甘々〜。大判の海苔1枚は良質なアクセントでした。このお値段でチャーシューは、巻きバラでありがたい2枚、仕上がりはツナライク一歩手前のホロホロなもの。肉の旨味はギリギリ残しつつ、かなりの歯応えを残していて、大好き一歩手前、もうちょいツナ手前が好みでした。

オペレーションも手際よく、店内混み合っていても提供スピード最速、再訪したくなります。
なおかつ、恒さんで修行されていた店主の後ろ姿を知っているだけに、応援したくなります。むしろ、修行先を超えるポテンシャルを期待したくなる。佐野系にこだわることなく、限定メニューなどで可能性を模索してほしいなぁ、とすら。
あえて言うなら、着座の一杯目のお冷くらいセルフじゃなくても良くない?ってのがささやかな不満でしょうか笑。
足利でダントツの人気店になる可能性を秘めた良店だと思っています。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。