なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン¥700+みそ¥50」@手打ち中華 たきざわの写真栃木の県北。あと60キロほど走れば「とら食堂」にたどり着けましたが、その根性も時間もありませんでした。
以前食べ損ねたこちらに。

白河中華なら醤油だろ、と自分でも思いつつ味噌にしました。
デフォルト以外は「しょうゆ/しお/みそ」いずれも同額ながら、デフォルトのみ味噌が50円アップ。
これには違和感を覚えますが、RDBのおかげで初めから分かっていたこと、また店員さんが申し訳なさそうに聞いてくれたので良しですね。

結構なオオバコ店、1日70杯程度しか提供しない人気店の昼時は地元民中心にごった返しています。
カウンター越しに調理風景を拝見していましたが、一度に制作するのが3杯であったり6杯であったり。
大盛りとか麺量が関係しているのかもしれませんがマチマチで、で結構待たされました。
25分くらいして提供された丼。

スープは鶏ガラと豚の旨みに赤味噌系のキリリとした塩気、油によるコク。
味噌に埋没しない動物感がいいですね。
麺はピロピロとしており軽やかな啜り心地に適度なコシ。
白河ビギナーの僕としては佐野ラーメンぽいなあと感じました。
具材はモモチャーシュー、メンマ、ワカメ、ナルト、ネギ、あと多分ほうれん草。
チャーシューは脂分少なくミシミシとした食感で好みのタイプが2枚、メンマはこの系統にしては珍しく太い材木形がこれも2本、適度な塩梅で美味でした。


人気のほども頷けます。
ただ、やはり醤油にしておくべきだったかと少しだけ後悔も。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

立秋さんこんばんは!在京期間は北関東や東北の深い麺文化に触れることができ、良い体験でした。しみじみ。こういうのをまた食べたいです。

| 2019年6月18日 13:58

うずさんこんばんは!ラーメンの手打ち文化は関西にはないですよね、うどんはあるのに不思議です。

立秋 | 2019年6月18日 22:18