なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「まぜそば 800円」@麺屋 工藤の写真『佐野らーめん 鳳仙家』さんで最新の1杯を頂き、お次はコチラ『麺屋 工藤』さんへ♪
入店してみますと先客は8割ほどだったでしょうか。すぐさま後客さんがゾロリといらっしゃり、あっという間に待ち客発生の盛況ぶりですよ。店主様とお若い女性店員さんに迎えられカウンター席を陣取ります。
メニューは『ラーメン』と『まぜそば』の二本柱に加え、トッピング類やサイドメニューも充実。なんでも店主様は『田村屋』さんの1杯に衝撃を受けたそうですがラーメンは独学との事。ならばと基本中の基本でもある『ラーメン』を頂きたいところではございますが、ひねくれ者のアタクシは『まぜそば』をチョイス!ニンニクの有無を問われ今回は有りでお願いしてみました。

具材の構成は小さめにカットされたチャーシュー・那須御養卵とされる卵黄・メンマ・刻み玉葱・水菜など。

『まぜそば』とう事で多少なりともスープがあるのかと思いましたが、どんぶりの底にはその姿は見えず味の主導権を握るのは尖のある醤油ダレ(←と言ってもカネシ醤油とは別物)と支配的になってしまったニンニク。後味にはBPの風味が加わりジャンクさとしては申し分なし。しかしながら味に厚みがなくやや単調に思え、中盤に差し掛かる手前で飽きを感じてしまい食べるペースはスローダウン。個人的に魚粉や花鰹など有効利用されるのも有りではないかと思った次第。水菜はビジュアル的なものかと思われますが青臭さが口に残り個人的にはマイナス要因。

麺はウネリを伴った太麺。茹で具合はかなり硬めな仕上がりでオーション由来のワシワシ感が特徴的。

いや~、中々美味し1杯でした。
『味玉ラーメン』に並ぶオススメ商品ではございましたが、やはりターゲットは若者って事でしょうかね?
次回は素直に『味玉ラーメン』にしてみます…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。