なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「新しいらーめん500円」@行世軒の写真2018.3.10
佐野市の老舗になるお店。店内は飾り物や色紙などで賑やか。
麺打ち場は入り口入って左にあり、ご主人はそこで餃子の包みに勤しんでいた。

こちらは以前佐野ラーメン会会長を務めたお店。
現在の二代目ご主人が開発した新らーめんは先代を説き伏せてメニュー化したという。
岩塩と海塩を合わせ醤油ダレも少し使ったタレに、スープは鶏メインに豚にニンニクなどの香味野菜。

これ、私にはショッパすぎました。二回目には味薄目とお願いすることになるでしょう。
スープはナミナミ。醤油のほうはそうでもなかった。
基本的にスープはとても美味い。妻が食べた醤油ラーメンは味が濃いことが無く動物系の美味さが楽しめたから。

麺はそれこそ乱切り状態で太いのから細いのから、みーんな縮れてかん水少な目でビロビロとしていて美味しい。
こういうの好きですよ。

肩ロースはハムハムとしている。
餃子は佐野餃子のモチモチ皮ではなかったのですが、サイズは同等でニンニクが効いた野菜たっぷりアン。

醤油ラーメンほどの塩分濃度だったら80点以上を付けていたと思う。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは。
連続でショッパイ佐野ラーでしたね(・・;)
でも私はやっぱり佐野ラーは醤油派です(๑˃̵ᴗ˂̵)

小池さん | 2018年3月13日 20:33

う~ん!

しょっぱかったのが残念ですね~w
でも、こんな不揃いの麺は自分も好きなので食べてみたいですよ~♪

バスの運転手 | 2018年3月13日 21:26

>小池さん
 しょっぱいのはたまたまですかね~。
 これまでは佐野ラーであんまりしょっぱいと思ったことがなかったので。
 白河では醤油派ですが、佐野では美味い塩は抜群に美味いのでそれを求めちゃいます。

>バスさん
 麺は好みのものでした。
 不揃いというのも、府中の紅みたいな揃った乱切りとは全然違う食感なんですよ。

mona2 | 2018年3月14日 09:59