なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタン麺 (白醤油) 900円」@白河ラーメン 麺や鶏正の写真2017 9月日曜 12時20分

「麺屋 匠仁坊」さんを後に折角遠くに来たので、
近くの「白河ラーメン 麺や鶏正」さんに訪問です。
原チャ〇さんオススメの連食コースなわけだが。

入店しますと先客3名。後客4名。
カウンターのみの店内は厨房側に4席、壁側に8席。
入って右手に麺棒が掛けられた製麺室。
店主と若い男性2人で営業です。

決めていたワンタン麺をオーダー。
味は黒醤油、白醤油、黒白ハーフ醤油から白醤油を選択。
「大盛は大丈夫ですか?」
「サービスですか?」
「いえ、サービスにしたいのは山々ですけど、
一日50食しか?打てないんですよ。」
と話好きな店主。
手打ちは大変手間がかかるようですよ。
連食なので普通盛でお願いします。

程なく到着です。
原チャ〇さんの旨そうな写真とは、ワンタンや盛り付け等がかなり違った印象ですが…。

スープは、地鶏等の拘りの上品な鶏出汁。
表面に臭み皆無の多めの鶏油が浮かび、
コクを演出します。
鶏の旨味は、アレ?意外にも薄い。
白醤油のタレは、薄味ながら生醤油ぽい単調な印象。
無課長の穏やかな鶏の旨味に薄味の白醤油のスッキリした味わいでしょうか。
コクのある地鶏の旨味をイメージしていたので、
サッパリした口当たりが意外な印象でした。

自家製手打ち麺は、中太の縮れがある若干の平打ち。
全粒粉配合の粒か目立つザラツキがある舌触りとボソとした歯応え。
コシが余りない印象ですが、小麦の風味が確りした麺です。

チャーシューは、赤身の部位?が3枚。
薄くスライスされているが、かなり硬めの歯応え。
炭火で焼かれた芳ばしい味わいでした。
コリコリのメンマが3本。ほうれん草、海苔。
ワンタンは5個?
柔かな皮に鶏のミンチに粗めの玉葱の餡。
軟骨は無いようだ?
薬味は長ネギ少々。
良かったら卓上の玉葱を入れて下さいとの事ですが、
相性は今一つ?


総じて、かなり期待しての訪問でしたが、
個人的には意外なほころびや粗さが目立つのが残念。

無化調の味が分からないのは、舌が犯されていると云った表現に感じる説明書を拝見して、
どこかのラヲタの発言か?となるほどと思った次第。
自分は化調に馴れた舌と付き合って行かねばならないので?悪しからず。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもです。
鹿沼はゴルフで良く通るので、今回のレポは
参考になりました!
此方のお店は下振れだったのかも^_^;

ラーするガッチャマン | 2017年10月12日 07:53

白は予想通りなわけだが。

原チャソ | 2017年10月12日 08:22

おはようございます
サービスじゃないんだったら聞かないで感もありますね^ ^
手打ちの全粒粉入りですか…ボソるのも分かります。
たまたま下ブレかもしれませんね。

あらチャン | 2017年10月12日 08:22

ラーするさん
ありがとうございます
下ブレかもしれませんが、
見た目や具材の中身が変わるのは
感心しませんが?

ラーするさんの評価が気になります。

ハッスル | 2017年10月12日 21:21

醤油のキレが欲しいわけだが。

ハッスル | 2017年10月12日 21:24

あらチャンさん
ありがとうございます
そう思いましたが、手打ち麺などの話をしたかったのかも?
コネ方等や粉の配合、水や鹹水等で変わってきそうです。
毎回同じにするのは難しいと思います。
年季がいります。

ハッスル | 2017年10月12日 21:36